整形で目元の印象を変える【二重で魅力向上】

長髪の女性

埋没法と切開法の特徴

フェイス

腫れを防ぐコツ

二重まぶたの美容整形をするにあたって、気になるのが手術をしたあとのダウンタイム、まぶたの腫れだと思います。二重の美容整形は目の手術なので、プチ整形の埋没法でもまぶたが1週間くらい腫れた状態になります。しかし、病院によっては腫れないような麻酔をしてくれるところもあります。腫れにくい二重の整形は、他の二重整形よりもちょっと高くなりますが、学校や仕事などが休めない人にはオススメです。また、出来る限り腫れないようにするには、手術をするときにリラックスすることが大切です。緊張して力を入れてしまうと、血流の関係から手術後にまぶたが腫れやすくなります。なるべく肩の力を抜いた状態で手術台に上ることが大切です。

手術の種類

二重の手術には、最も簡単な埋没法や、まぶたを切開する切開法などがあります。埋没法をすれば、生まれつきの一重がナチュラルな二重になります。まぶたを切開しないので、切る手術に抵抗がある人に人気です。ただし元に戻りやすいという欠点があるので、その辺はよく理解して手術を受ける必要があります。元に戻りたくなら切開法がお勧めです。切開法はまぶたを手術するときに切開します。切って二重ラインを作るので、効果は半永久的に持続します。また、外国人のように幅広のくっきりした二重ラインを作りたい人や、まふだの脂肪が多めの人などにも切開法が向いています。一度切開法をすると元に戻せないので、手術をする前によくカウンセリングを受けることが大事です。